四国大学バレーボール連盟規約

                                         平成11年2月6日制定

 第1章 総 則

   第1条(名称)

     本連盟は。四国大学バレーボール連盟と称する。

     英文の名称をShikoku University Volleyball Federationとする。

   第2条(事務局)

     本連盟は、事務局を当番理事長の指定するところに置く。

   第3条(組織)

     本連盟は、香川・徳島・愛媛・高知各県の大学バレーボール連盟を以って構成する。

     (以下県学連とよぶ)

 

第2章  目的及び事業

   第4条(目的)

     本連盟は、第3条規定の県学連を総括しかつ、バレーボールの普及振興を図り、以って学生の心身の

     健全な発達と明るく豊かな学生生活を通じ、人格の形成に寄与すること

     を目的とする。

   第5条(事業)

     本連盟は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

     1,春・秋季リーグ戦大会の開催及び主管

     2,県学連主管の競技会に対する各種支援

     3,その他必要な事業

 

第3章  加盟・退会・及び登録

  第6条(加盟)

    四国内に所在する大学又はそれに準ずる大学を代表するバレーボール部で、男子・女子キャンパスを異

    にする大学のバレーボール部はそれぞれ加盟することが出来る。

  第7条(登録及び退会)

   1,  本連盟の登録は、県学連に有効に登録された部の構成員を以って登録とする。但し、登録期間は大学

     4年間、短期大学2年間、医学部6年間を超えることは出来ない。

   2,  加盟大学は、毎年の4月30日までに、県学連に登録用紙及び登録料を添えて登録し、県学連は5月

     春季リーグ戦前に傘下加盟校をまとめて本連盟に登録する。

   3,  本連盟からの退会は、県学連からの退会を以って、団体及び個人の登録を抹消する

 

第4章  役員

  第8条(役員の定数)

    本連盟に下記の役員を置く。

    1,会長     1名          2,副会長   3名

    3,理事長    1名          4,副理事長  3名

    5,学識経験理事 若干名         6,学生委員長 1名

    7,学生副委員長 4名          8,学生理事  5名

    9,代議員 各チーム1名        10,監事    2名

    本連盟に、顧問・参与を置くことが出来る。

   第9条(会長)

     会長は、理事の中より県学連会長の輪番制によって選出され、総会及び代議員会に於い

     て承認する。会長は本連盟を代表し、会務を総括する。

   第10条(副会長)

     副会長は会長当番県を除く3県の県学連会長が選任され、会長を補佐し、会長不在の時

     は次期当番県の会長が代行する。

   第11条(理事長・副理事長)

     理事長は、各県学連の理事長の協議によって選出され、会長が委嘱し総会及び代議員

     会に於いて承認する。副理事長は、理事長の当番県以外の3県学連理事長が選出され、

     会長が委嘱する。副理事長は理事長を補佐する。

   第12条(理事)

            理事は、各県会長、理事長、学識経験理事、学生理事として、会長が委嘱する。

   第13条(学生委員長)

     学生委員長は、4 年任期の輪番制によって選出され、総会及び代議員会に於いて承認する。

     学生副委員長は、委員長の当番県以外の 3 県学生委員長 が勤め、委員長を補佐する。

   第14条(代議員)

     代議員は、本連盟登録大学を代表する学生役員であり、登録チームより1名を選出す

     る。ただし、学生理事が兼任する。学生理事不在チームからは1名の代議員を選出する

   第15条(監事)

     監事は本連盟の経理状況を監査し、必要に応じ総会及び代議員会において監査報告する。

     次期当番県学生委員長がこの任に当たる。

   第16条(顧問・参与)

     顧問・参与は、本連盟に特に功労のある者を総会において推薦し、会長がこれを委嘱す

     る。顧問・参与は会長の諮問に応じ、総会に出席し、意見を述べることが出来る。

   第17条(役員の任期)

     各役員の任期は2年とする。但し、学生の役員は1年とすることができる。

 

第5章  会 議

  第18条(会議の種類)

    本連盟の重要事項を審議するため、下記の会議を置く。

      1,  総会

      2,  理事会

      3,  代議員会

      4,  専門委員会

   第19条(総会)

     総会は会長、副会長、理事長、副理事長、学識経験理事、学生委員長、学生副委員長、学生理事、

     代議員及び監事によって構成され、本連盟の最高決議機関とする。通常年に1回会長が召集し議長

     となる。会長が欠席の場合は副会長が議長を代行する。

   第20条(総会の決議)

     総会は、総会構成員の過半数の出席を以って成立する。

     ただし、委任状及び学生役員の代理出席を認める。

     2,総会の議決は出席者の過半数を以って成立する。

     総会において、次の事項を審議する。

      1,四国学連事業報告       

      2,四国学連決算報告

      3,四国学連役員改選       

      4,四国学連事業計画

      5,四国学連予算案        

      6,四国学連規約改廃

      7,その他重要事項

  第21条(理事会)

    理事会は、重要案件を審議し、総会に提議する。

   第22条(代議員会)

    代議員会は、重要要件を学生の立場で検討し、総会に提議する。

    学生委員長が召集し、議長となる。

    2,代議員会は、代議員の過半数の出席を以って成立し、その議決は出席者の過半数を以って成立する。

      委任状及び代理出席を認める。可否同数の場合は、議長が決するところによる。

  第23条(専門委員会)

    本連盟に次の専門員会を置く。

      1,  総務

      2,  競技

      3,  審判

      4,  強化指導普及

      5,  ビーチ

     各専門委員会の業務・運営については専門委員会規定による。

 

第6章  会 計

  第24条(会計年度及び資産)

    本連盟の会計年度は4月1日から翌年3月31日までとする。

    2,本連盟の経費は、加盟料・登録料・事業収入・寄付金・その他の収入によるものとする。

 

第7章 賞 罰

  第25条(表彰)

    本連盟に特に顕著な貢献をした者を総会の決議により表彰する。

  第26条(懲罰)

    本連盟の名誉を毀損し、又は、本連盟の規約及び決議に従わない加盟校・役員に対し、総会の決議により、

    懲罰を課すことができる。

 

 第8章 補 則

  第27条(規約の改廃)

    本規約の改廃は、総会の3分の2の賛成を持って議決される。

  第28条(付則・細則)

    本連盟は、必要な細則を総会の議決により設けることが出来る。

  第29条(施行)

    本規約は、平成11年2月6日制定し、同年4月1日に施行する。

   [附則]

    本規約は、平成14年2月9日改正し、同年4月1日から施行する。

   [附則]

    本規約は、平成15年2月15日改正し、同年4月1日に施行する。

   [附則]

    本規約は、平成19年2月18日改正し、同年4月1日に施行する。

    [附則]

    本規約は、平成23年2月5日改正し、同年4月1日に施行する。

   [附則]

    本規約は、令和2年3月25日改正し、同年4月1日に施行する。